宝塚市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ宝塚南店へお任せください!

塗装のお役立ち情報

家の外壁の種類と抑えるポイントについて解説します!

外壁によって家全体の印象が変わってしまうこともあるほど、住宅にとって外壁は重要です。
住宅において、外壁は外的要因から住む人を守ること、雨風や地震に耐えながら、夏の暑さや冬の寒さを和らげることが役割の一つです。
今回は主に使用される外壁の種類や外壁選びの際のポイントについて解説します。

□よく使われる家の外壁の種類とは

1つ目は窯業系サイディングです。
国内の新築住宅で最も多く使われている外壁材です。
安価であることに加えて、デザインのバリエーションが豊富であり、工期が短く、防火性が高い点がメリットです。
つなぎ目があるため定期的なメンテナンスが必要であることと防水性が低い点はデメリットです。

2つ目はモルタル外壁です。
デザイン性や耐久性に優れ、シーリングの劣化への心配が不要であることが特徴です。
ヒビ割れや汚れが目立ちやすいといった点はデメリットです。

3つ目は金属サイディングです。
金属サイディングはサイディング材のなかで最もシェアを伸ばしている外壁材です。
断熱性や耐震性に優れ、コスパが良いことが特徴です。
傷やサビが発生しやすく塩害を受けやすいのはデメリットでしょう。

4つ目はALC外壁です。
「軽量気泡コンクリート」とも呼ばれるコンクリートの1種です。
高い耐震性や断熱性が備わっており、コンクリートよりも軽い点がメリットです。
吸水性が高く、表面強度が弱いことはデメリットです。

 

□家の外壁選びのポイントとは

*価格

価格は、面積の広さが同じでも使用する外壁材によって費用が異なります。
予算を抑えたいからといって安すぎる外壁材を選択することは控えましょう。
防火性能が備わっていない、下地補修を全くしない施工事例も存在するため、長い目で見るとコスパが悪くメンテナンス費が多くかかる可能性があります。

 

*メンテナンス性

メンテナンスが不要な外壁材は存在しないため騙されないようにしましょう。
メンテナンスの頻度が少なくて済む外壁材はありますが、その分非常に値段も高くなる点は理解しておきましょう。

 

*デザイン性

外壁は豊富な種類が存在しその見た目は異なります。
色見本で見た時と同じ色であっても、小さな面積で見た場合と大きな面積で見た場合とで、見え方が異なってきます。
外壁材によっても色や素材、質感、ツヤ感などにより全く印象が異なるため、事前のシミュレーションをして後悔しないようにしましょう。

□まとめ

今回は家の外壁の種類や外壁選びの際のポイントについて解説しました。
自分に合った外壁材を選ぶなら、「自分が求める外壁材は何なのか」をよく考えることが大切です。
なぜなら、すべてのニーズを満たしてくれる外壁材はないからです。
当社は相談無料・無料見積しているため、お気軽にご相談ください。

人気記事

カテゴリー

カテゴリーはありません

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINE
to top