宝塚市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ宝塚南店へお任せください!

塗装のお役立ち情報

屋根塗装の耐用年数と塗装を行うべき最適な時期について解説

「屋根塗装にどれくらいの耐久性があるか?」を考えたことがありますか?
新築のときは考えることはないと思いますが、屋根は時間が経つと必ず劣化します。
劣化したままで放置すると、日光や風雨に晒され、住宅そのものが傷んでしまいます。
今回は屋根塗装の耐用年数と最適な時期について解説します。

□屋根塗装の耐用年数とは

外壁塗料と屋根塗料は、同じ素材でも耐用年数が異なります。
屋根塗装の耐久年数は約10~15年が一般的です。
塗料は、使用原料の違いで機能・効果、耐用年数が変わります。
また、新築の塗装は建ててから10年ほどが塗り替え目安となります。
外壁と比べ、屋根は風雨や紫外線に晒されているため、外壁よりも耐用年数が短く、劣化しやすくなります。
屋根塗料の耐用年数が長ければ、次の塗り替えまで期間があるため、コスト削減ができますが、その分費用が高くなります。
しかし、自宅の屋根に適している材料を使うことで、寿命を延ばすこともできます。
屋根と外壁では塗料の寿命に差があることを考慮し、外壁より耐用年数の長い塗料を選ぶと良いでしょう。
そうすることでメンテナンスの際、外壁と屋根とを同時に塗装できるので足場費用や諸経費を抑えられます。

 

□屋根塗装を行う最適な時期とは

屋根塗装は、劣化状況で検討しましょう。
屋根の劣化状況としては色あせやひび割れ、剥がれ、サビ、破損が挙げられます。
これらを発見したら塗装や補修を検討しましょう。

劣化状況は、ご自身の目視確認や塗装会社に点検してもらうことが一般的ですが、遠目からでは状況が分かりにくいため、塗装会社に依頼して間近で見てもらう方が良いでしょう。
その際、自分自身で屋根にのぼると危険が伴うため、のぼる行為はやめましょう。
屋根に破損が見られた際は、塗装だけでの対処は困難であるため、早めの屋根材の補修や交換をすると良いでしょう。

劣化症状が早まる要因は、施工時期とも関係しています。
例えば、気象条件が悪いコンディションで塗装すると施工不良になり剥がれが起こりやすくなります。
気候が安定している春に塗装することが適しています。
一方で、梅雨時期は計画通りの施工ができないリスクがあるため避けましょう。
他にも暑すぎる日の塗装は極力避けたいです。

□まとめ

今回は屋根塗装の耐用年数と最適な時期について解説しました。
外壁に比べ屋根の塗料は紫外線や雨風を受けやすいため、寿命が短いです。
屋根の見栄えを良くするためにも屋根塗装のご検討をしてみてはいかがですか。
当社は相談無料・無料見積しているため、お気軽にご相談ください。

人気記事

カテゴリー

カテゴリーはありません

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINE
to top