宝塚市の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ宝塚南店へお任せください!

塗装のお役立ち情報

屋根の断熱塗料によるメリットとデメリットについて解説

「暑い日は冷房を付けていても効いていない気がする」といったお悩みは多いのではないでしょうか。
そんなときは「断熱塗料」がおすすめです。
屋根や外壁に塗ることで、太陽光の熱が室内に与える影響を抑え、室内温度を快適に保てる塗料です。
今回は断熱塗料の基礎知識とメリットとデメリットについて解説します。

□屋根の断熱塗料とは

断熱とは熱が伝わりにくい素材で覆うことで熱の移動を防ぎ、保温することです。
建物に断熱対策をすることで、熱が遮断され、外が暑くても室内は涼しく、反対に外が寒くても室内の暖かさを保てます。
快適な室内環境を作るためには、「断熱」と「遮熱」を上手に取り入れることが重要です。
そこで屋根には断熱塗料を使用しましょう。
断熱塗料とは「外部からの熱伝導を抑え、屋内の暖かい空気を逃がさない機能」があるものです。

 

□屋根の断熱塗料のメリットとデメリットとは

メリットの1つ目は、快適な室内にできることです。
夏場の日差しによる温度上昇を抑えてくれたり、冬場は暖房で暖めた空気を保つ効果があり、季節を問わず快適な室内になります。

2つ目は、省エネ効果があることです。
断熱効果の最大のメリットは、熱の移動を抑えるため、電気代の節約につながることです。
夏は涼しく、冬は暖かい快適な温度になるため、消費電力が抑えられ、エアコンの使い過ぎを予防できます。

3つ目は、防音効果があることです。
断熱塗料は振動を抑制するという機能もあります。
その為、雨粒が屋根に弾ける音も室内に響きづらくなるといった防音効果があります。
一般塗料に比べて表面が厚くなっているため、効率よく音を反射でき、内部からの音漏れも防いでくれるのです。

デメリットの1つ目は、価格が高いことです。
断熱塗料は、遮熱塗料や一般塗料に比べると価格が高いです。
しかし耐久性が優れているため、長い目で見ると一般塗装よりコストパフォーマンスがいい場合があります。

2つ目は、効果の実感の有無です。
断熱塗料を塗装しても、断熱効果が体感できるわけではありません。
部屋の暑さや寒さの原因は複数あり、断熱塗料のみでの解決は難しいです。
建物の状態や生活スタイルによって最適な断熱工事が異なるため、まずは自宅をチェックしてもらうことがおすすめです。

□まとめ

今回は断熱塗料の基礎知識とメリットとデメリットについて解説しました。
断熱塗料は熱移動を緩やかにし、室温を快適に保てる塗料です。
結果的に、冷暖房の使い過ぎを防ぎ、節電効果に期待できます。
屋根塗装をご検討の際は一度当社に気軽にご相談ください。

人気記事

カテゴリー

カテゴリーはありません

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINE
to top